令和元年・第38週(2019.9.16~ 2019.9.22)

【定点把握対象疾患】
[水痘]
  大崎管内で注意報レベルを継続中です。

[ 手足口病 ]
 仙南,塩釜,大崎,登米,石巻,気仙沼,仙台管内で警報レベルを継続中です。

[ 伝染性紅斑 ]
 石巻管内で警報レベルを継続中です。

[ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ]
 石巻管内で警報レベルを継続中です。

~今週のコメント~
【結核】
9月24日~30日は結核予防週間です。
過去の病気と思われがちですが,国内では2018年に15,590人もの方が新たに結核を発症し,2,204人もの方 が命を落としています。
インフルエンザを除けば結核は今でも国内最大級の感染症といえます。
県内(仙台市を含む)でも2018年には166人が結核を発症しています。
初期症状は,咳,痰,発熱等,風邪の症状とよく似ていますが,痰の絡む咳 や微熱・身体のだるさが2週間以上続いている場合は結核の可能性が疑われますので,早めに医療機関を受診しましょう。

【宮城県保健環境センター(宮城県結核・感染症情報センター)より参照】
(令和元年9月26日更新)