令和元年・第50週(2019.12.9~ 2019.12.15)
【定点把握対象疾患】
[水痘]
 仙南管内で警報レベルを継続中です。
  仙台管内で注意報レベルを継続中です。

[伝染性紅斑]
  仙南管内で警報レベルを継続中です。

[インフルエンザ ]
 石巻管内で警報レベルを継続中です。
 仙南,大崎管内で警報レベルを超えました。
 塩釜,登米,仙台管内で注意報レベルを継続中です。

[咽頭結膜熱 ]
  気仙沼管内で警報レベルを継続中です。

[A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ]
  仙南,石巻管内で警報レベルを継続中です。


~今週のコメント~
【インフルエンザ】
 県内の定点医療機関からの患者報告数は,先週の1.789人からさらに増加し,2.509人となりました。
石巻保健所管内の他,仙南,大崎保健所管内で も定点当たりの患者報告数が警報発令基準の30人を超えており,学級閉鎖や学年閉鎖の措置がとられている小中学校は県内全域に及んでいます。
また,仙台医療センターウイルスセンターでもインフルエンザウイルスの分離が増えており,今後さらに流行が拡大する可能性があります。
外出後の 手洗いの励行,人混みでのマスク着用,加湿器の使用など引き続き感染予防対策に努めてください。
また,急な発熱・悪寒などインフルエンザが疑われる場合は,早期に医療機関を受診してください。


【宮城県保健環境センター(宮城県結核・感染症情報センター)より参照】
(令和元年12月19日更新)