令和元年・第43週(2019.10.21~ 2019.10.27)
【定点把握対象疾患】
[水痘]
 気仙沼管内で警報レベルを継続中です。
 仙南管内で注意報レベルを継続中です。

[ 手足口病 ]
 大崎,登米管内で警報レベルを継続中です。

[伝染性紅斑]
 仙南管内で警報レベルを継続中です。

[ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ]
 仙南管内で警報レベルを継続中です。

~今週のコメント~
【ノロウイルス】
 冬に流行する代表的なウイルスで,食中毒や感染性胃腸炎の原因となります。
県内の感染性胃腸炎の患者報告数は先週よりやや増加しています。
今後,流行のシーズンを迎えますので,保育園や幼稚園,学校,老人福祉施設などの集団生活の場では特に注意が必要です。
手洗いなどの予防対策を徹底するとともに,症状がみられた際には早めに受診し,感染の拡大防止に努めましょう。

【宮城県保健環境センター(宮城県結核・感染症情報センター)より参照】
(令和元年10月31日更新)