2020年・第46週(2020.11.9~ 2020.11.15)

【定点把握対象疾患】

[水痘]
登米管内で注意報レベルを超えました。


~今週のコメント~

【新型コロナウイルス感染症】
 県内の感染者数は11月18日現在の累計で1046例となりました。
引き続き人と人との距離の確保,手洗いなどの手指衛生,マスクの着用,3密(密閉・密集・密接)を避けるなどの基本的な感染対策を心がけてください。
 疾患の発生状況について,9月~11月(15日まで)の新規感染者は782人で,そのうちクラスター施設利用者は331人と全体の約42%を占めています。
クラスターは学校,飲食店,高齢者施設,遊興施設など多様な施設・場面で発生しています。
また,重症化するリスクが非常に高い方々への感染拡大が懸念されることや,宮城県は全国的にも高い水準で感染が続いていることから,大変重大な局面であり,県民一人ひとりが自身の問題として捉えて最大限の警戒と基本的な感染対策を確認するよう呼び掛けています。
詳しくは以下のURLを参照ください。
>>詳細はこちら


【宮城県保健環境センター(宮城県結核・感染症情報センター)より参照】
(令和2年11月19日更新)